エコラン

全国国公私立大学(40大学予定)対抗による燃費競争。

P1000493.jpg

全ての大学チームが同一条件の車両で約50キロを1時間で走行し、その消費燃料の少なさを競います。
状況に応じたアクセルワークで無駄なガソリンの消費を最もカットできたチームが優勝となります。

この大会は地球環境への負荷軽減啓発として、広く『環境配慮型運転技術』を普及させることを目的としています。
全く同じ条件のクルマでもドライバーの運転次第で燃費を良くすることができることをみなさんに知っていただこうというイベントです。

大会の情報や結果は新聞紙面でも紹介されています。

競技方法

課題車両として数車種が用意されていて、その中から選択することになります。
参加大学チームは課題3車種全てにおいて規定通りのトライアルを行い、その消費燃料が少ないチーム順にポイント加算をおこないます。

競技車両は企業から提供されるため、自動車部員が新車に乗れる数少ない機会だったりします。

また、協賛が多いので賞品が豪華です。

基本ルール(抜粋)

  • 規定タイムは50分、規定周回数は10周。
  • 競技中、1周ラップタイムは4分30秒〜5分30秒のあいだでなくてはならない。
  • 競技中は常にドライバーとナビゲーターの2名乗車であること。
  • 各ドライバーの規定体重を65kgとし少ない場合はバラストを積載する。
  • 競技中に少なくとも2回のドライバー交代をピット所定場所で行わねばならない。また、各ドライバーは連続して3周以上を周回すること。
  • 周回規定タイムを外した場合や競技長が判断した反スポーツマンシップ行為、危険行為を行った大学チームは失格・ペナルティが与えられる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-14 (金) 11:53:07 (4116d)